春分ゲートと「調和」

3月18日の今日、春分ゲートが開き

華やかな、お祝いのエネルギーを感じています。

 

昨夜は外を歩きながら

星たちの輝きがあまりにも透明で力強く

何回も立ち止まって空を見上げました。

 

 

 

 

この地球に生まれたのは

宇宙の意志であり、私自身の意志でもあった。

 

分離と2極を体験しながら

統合と調和を学ぶために。

 

 

 

万物がひとつになる

ワンネスの時代が幕を開け

 

それは「自分自身との調和」を意味する。

 

 

私の中にあるぜんぶをゆるすということ。

ゆるすとは、そこにある、とみとめること。

 

 

ネガティブな経験はひとつ残らず

魂の尊い学びであり

 

その対極にある望みを

明らかにするきっかけ。

 

すべてが必然であり、美しい、自分のかけら。

 

 

美しくないと思うならばそれは

光が織りなす闇だけを見ているから。

 

 

光から、闇が生まれ

闇の中で、光はきらめく。

 

互いを存在させる

陰陽のありかた。

 

 

どちらが欠けても、成り立たない世界。

何が欠けても、ここにいない私。

誰が欠けても、存続しない宇宙。

 

 

とてつもなく求められて、そこに在ることを

地球上のすべての人が思い出せますように。

 

 

f:id:miwatime0426:20190318134815j:image