レムリア会議

 

 

 

 

数週間前から「"レムリア会議"をしなさい」という

直感が来るようになって...

 

 

 

f:id:miwatime0426:20201212232838p:plain

 

忙しくてスルーしていたら

その声は大きくなるばかり(O_O)

 

 

レムリア時代に一緒だった、と感じる

メンバー数名に、「レムリア会議をしよう!!」と

声をかけたのが、数日前の夜。

 

 

 

その日、眠っているあいだ中、

すごく気持ちいい、

安心するエネルギーに抱かれていた感じで...

 

朝起きた瞬間「レムリアのエネルギーだ」と思いました。

 

f:id:miwatime0426:20201125120947j:plain

 

ベッドの中で、笑い転げて、嬉し泣きして、

また笑い転げて...の繰り返し 笑

 

 

 

レムリアの喜びの波動が

ダウンロードされたらしいのですが

 

 

何を話すかわからないまま

「レムリア会議」の日を迎え...

 

昨日と今日、Zoomで、レムリアの仲間と

数時間話しました!

 

 

 

一言で言うと、凄かった!!!です 笑

 

 今日を起点に、何かが変わりそう。

 

f:id:miwatime0426:20201212121114j:plain

 

 

 

 

レムリアは、

遥か古代に存在した文明で

数万年前に海底に沈むまで続きました。

 

レムリアは5次元の周波数にあった社会なので

その記憶を3次元の言葉で話そうとすると

限度があって、

語る人によって、描写が変わると思います。

 

だから、誰のレムリア記憶も、合っている。

 

 

私の憶えているレムリアは、

海と、虹と、花と、緑と、

風と、星と、歌の記憶。

 

f:id:miwatime0426:20201209133539j:plain

 

どこまでも美しい思い出。

 

 

 

私は、レムリアの最後の転生では、

歌声で周波数を調える歌手だった。

 

 

当時、ペアで音楽をつくっていた恋人と

毎晩、浜辺に座って、

宇宙の音を拾って、

歌や、楽曲にしていたのを憶えています。

 

 

 

そこから、地球は、少しずつ波動が下がっていき

レムリアは、いったんその大陸を海に沈めて

再生させることを選びました。

 

レムリアの消滅を、

あらかじめ知らされていた

レムリア人もいました。

 

彼らは、レムリアの叡智が滅びないように、

知識や情報をクリスタルや宇宙空間に

保存した。

f:id:miwatime0426:20201212233325p:plain

 


また、一部のレムリア人は、

海底に沈まない場所に身を隠しました。

 

 

例えば、日本で木花咲耶姫と呼ばれる女神は、

富士山に移動して、そこから、

地球を守護する

エネルギーを送り続けていると言われます。

 

f:id:miwatime0426:20201212233654j:plain

 

 

レムリア時代の私の恋人は、

レムリア文明の崩壊を

事前に知った1人。

 

彼は、レムリアの情報を保存する任務で、

他の土地に行くことになります。

私を怖がらせないように、

理由を言わずに旅立ったことを憶えています。

残された私はとても悲しかった。

 

 

しかし、いよいよレムリアが沈む直前、

彼は、レムリアに戻ることを選びます。

 

 

 

レムリアは、夜中に沈没しました。

ほとんどのレムリア人は、

眠っている間に、恐怖を感じずに海底に消えています。

 

 

それでも、レムリアの僧侶や音楽家たちは、

レムリア人の集合意識に

トラウマが残らないよう、歌い、祈りました。

水面が上がっていき、口元に水が届く最後の瞬間まで。

 

 

私の恋人も、歌いながら、意識で、私を守っていました。

何も知らずに眠っていた私は、夢の中で彼にハグされ、

「ああ、帰ってきてくれたんだ、ありがとう...」と

すっかり安心しながら、海に沈んで行ったのです。

 

 

 

 

f:id:miwatime0426:20201212233845j:plain

 

レムリアが消えたあと、多くのレムリア人たちは、

地球に生まれ変わることを選びました。

 

自分の意思で、「人間の体で3次元を生きる」と決めた。

 

そのほかのレムリア人は、5次元に留まり、

見えない領域から、3次元の地球を

エネルギーやテレパシーで導く役を引き受けました。

 

 

5次元の、無償の愛が溢れていたレムリアと比べて、

3次元の、恐れに支配された地球は厳しい環境。

 

そんな中で何回も転生を繰り返し、

飢餓も、戦争も、革命も、支配も、奴隷も、経験しました。

その度に学んで、魂を磨いてきました。

 

そして、今回の転生を「3次元卒業」と設定しています。

 

5次元の周波数に魂のレベルを上げて、

「約束」を果たすため。

 

 

f:id:miwatime0426:20201212234325j:plain

誰と「約束」しているのでしょう?

 

レムリアの仲間との「約束」です∞

 

 

3次元にいる私たち。

そして、5次元領域で、待っている

レムリアのファミリー。

 

時が来たら、また会おう、と、

プランしています。

 

その「時」が、今です。

地球人側の私たちの準備が整い

人類の周波数が十分に高まったタイミングで。

 

 

5次元に残ったレムリアの友が

3次元に降りてくることはできません。

3次元の私たちが、周波数を上げ、光を思い出すのを

ずっと、数万年の間、待っていてくれて

 

「時が来たよ!」といろいろな形で知らせてくれている。

 

 

 

今回、レムリア会議でみんなと話しながら、

同時に同じことを思い出したり

姉妹だった記憶が蘇ったり、レムリア存在が降りてきて、

大切な情報を教えてくれたり...

 

泣いたり笑ったり、本当にとてもスペシャルな時間だった。

 

 

 

レムリア存在がこんなことを言っていました。

「いつも、君たちを忘れたことはなくて、

いつも、エネルギーを送っている。

僕たちの、再会の準備はできている。

 

あとは、君たち次第なんだ。

心の扉を開けるかどうか

君たちにかかっているんだ」

 

f:id:miwatime0426:20201108132155j:plain

 

 

そして、こうも言っていました。

 

「5次元の記憶を、思い出しても

1人でいると、疑いの気持ちが出てきやすい。

 

でもこうして、同志と語ることで

確信が持てたり、新しい記憶が蘇るでしょう。

だから、仲間と話すことは、とてもおすすめなんだ」

 

そう、だから、「レムリア会議」だったんです。

みんなで喋って、信じる気持ちが数10倍に強まった気がする。ありがとう。

 

 

今日わかったこと、もう一個、

私は、大量の情報を、別次元から受け取って、

言葉で伝える役目があるらしい。

 

まだ、語っていないことが、いっぱいあるのだけど

開放していこうと思いました!

 

 

 

レムリアの記憶と、双子の魂のストーリー

来週から、音声で、シェアしていきます。

 

聞いてくれた方の、記憶をつなげることが

できればいいなと願っています。

 

 

f:id:miwatime0426:20201212234616p:plain

 

約束の時間まで、もうすぐ∞

 

 

 

 

美和

 

 

---

∞風の時代を生きるファッション∞なおxみわコラボ講座

01/23 追加開催決定!

 

12/19 14:00 鎌倉(キャンセル待ち)

01/23 14:00 鎌倉(キャンセル待ち)

 

詳細