「1番」を選び続ける

beautifulharmony.hatenablog.com

先日ご紹介したこちらの小説↑↑ のなかで

「前世」の話がちらほら出てきます。

 

前の人生でやり残した課題を

今回、別のシチュエーションで再チャレンジする。

 

この話を、いま読めて、

すごく良かった!と思ったんです。

 

ちょうど4年前の4月に、

ある人との前世を知りたくて

ヒプノセラピーを初めて受けました。

 

 

催眠中に、関係のある人生を追体験しました。

 

その人生を終え「魂」の状態に戻ったときに

「振り返り」をするのですが

 

その前世の私は、

「1番」を選べなかったことが

すごく意識に残っていました...

 

 

目の前に「1番の望み(最愛の人)」

が存在したのに

失敗が怖くて、欲しくないふりをしたまま

一生を過ごしたのです。

 

だから今回の人生は「1番」を選び取る

というカリキュラムを組んできていました。

 


 

f:id:miwatime0426:20200404171923j:plain



 

 

 

 

そのときに思い出したのは、

子どものときから、「2番」を

選ぶ癖があったということ。

 

好きなおもちゃも、服装も、志望校も、住む場所も

全てではありませんが、

「1番の望み」を最初から諦めることが多かった。

 

 

ヒプノセラピーでは

「1番」を選び続けた場合の

「5、6年後の未来」も見えました。

 

それは

「これが実現するの?本当に!?」と驚くような

完璧な理想の世界でした。

 

 

そのときは信じがたかったのですが、

「1番」を選び続ければ実現する...

 

信じてみて(壮大な実験のつもりで 笑)

 

できるだけ、どんな時も「1番」を選ぶように

意識してきました。

 

 

 

 

f:id:miwatime0426:20200404171821j:plain 

 

 

 

4年続けたいま、

あの日に見た未来が叶う兆しが、本当に、

日々起こっています。

 

今はもう「信じがたい夢」ではなく

「予定」になったビジョン。

 

実現を、楽しみに待つだけの状態です。

 

 

 

自分にとっての「1番」を選べば

「最高の毎日」が実現していくので

結果、「最高の未来」が叶う。

 

 

 

でも、そもそも「自分の1番がわからない」

時もある...

 

 

 

思考に頼り過ぎたり

周りの声を気にした途端に

見えなくなってしまいますね。

 

 

私も、つい「値段(高いか安いか)」

「得するかどうか」で

で決めてしまう癖があったのですよね。

 

 

そんなときは、四柱推命を見て

「私の1番」を思い出していました。

 

長くなりましたので

星読みのお話はまた別記事に綴りますね!

 

 

 

 

f:id:miwatime0426:20200325192031j:plain

 

 

 
4月の遠隔(zoom)セッションを募集しています。

 (可能なときは対面も調整いたします)

 

詳細とお申し込み↓

 

beautifulharmony.hatenablog.com

 

 

 

 

❤︎このブログを読まれた方には

「無条件の愛と祝福」のエネルギーが

流れる設定になっています。

 

「そのエネルギーを受け取る」と

心の中で思っていただくだけでokです。