ソウルメイト同士は、お互いを信じる役目

先日の記事

 

地球時間が終わったら - Light and Harmony

 
で、
 

魂は生まれ変わりごとに、「テーマ」を決めて

違う角度から「愛」を学んでいきます

 

その、一緒に学んでいく他者を、

「ソウルメイト」と呼んでいます

 
 

と書きました。

 
 

広い意味では

横断歩道ですれ違った人、

飛行機で隣の席だった人、

 

一度でも逢った人はみんな「ソウルメイト」。

 

f:id:miwatime0426:20180619194419j:plain

 

なかでも 

ずっと一緒に生まれ変わりを続けている

「グループソウル」があって

 

 

転生ごとに、性別や役割を変えて

かかわり続ける相手です。

 
 

魂が体に入る前、

「グループソウル」同士で、お互いの役割を

相談してきています。

 
 

例えば、今、私とつながっているある人は

生まれる前、

 

「自分が先に成功した姿を見せて

Miwaを刺激するからね!!」と約束してきました。

 

 

実際に私は、この人の存在を認識した日から

怒涛の勢いで「本当はこれがやりたい!」

と思い出すようになりました。

 
 

またある人は、仕事で私に厳しくあたって

「辞めるきっかけを作る」という役割でした。

 

おかげで私は、新しい土地に移動して

出逢うべき人と次々出逢えました。

 
 

 

 

 

f:id:miwatime0426:20190412152908j:image

 

 

 

「ソウルメイト」は、お互いを成長させる存在だから

苦手な人も含まれている。

 
 

もちろん、結婚相手や親友として

出逢うソウルメイトも大勢います。

 
 

でも、私の知る限り

「私があなたを幸せにしてあげる」という

「白馬に乗った王子(お姫)さま」的な約束を

してきている相手は、いない(!)

 

ソウルメイトに頼る幸せではなく

その人との関係を通して

 

「自分が」「自分を」

幸せにすることを学ぶんですよ。

 

 

 

 

そして、そばにいる人が

ソウルメイトとも限らなくて

 

「役目が終わったら離れていくこと」や
「まだ、出逢わないこと」を
選ぶソウルメイトもいる。

 

 

 

ソウルメイト同士は、相手の次の一歩を、

ちゃんと信じてあげられるんです。

 

全部、一緒にプランしてきたから、知っています。

 

それが、ソウルメイトの絆だと思っている。

 

 

ときには厳しい態度で、突き放すこともあり

ときには私以上に私を信じてくれる。

 
 
 

どんな形でも、私が私を生きられるように

この生をまっとうできるように

仕向けてくれる相手です。

 
 

これが愛でなくて、何なんだろうと思う。

 
 

f:id:miwatime0426:20190412152741j:plain


 

 
 

 

ソウルメイトたちとともに 

何千回と続いてきた生まれ変わりシステムですが

 

 

今の地球では、今回の人生を最後に

決めてきている人が多いと思われます。

 

良い意味でね!

 

また別の機会に書きたいと思います^^